ダイハツトーテム福岡公演

ニュースNews

じゅんいちダビッドソンさん、天野ひろゆきさん福岡公演の記者発表でトーテムの魅力を発信!

福岡公演の開幕が約2カ月後に迫った 12月8日、福岡市中央区天神のゼファ(ソラリアプラザ1F)で記者発表を開催しました。

テレビ西日本アナウンサーの橋本真衣さんのあいさつに続いて登場したのは、キャイ~ンの天野ひろゆきさんと、トーテム日本公演スペシャルサポーターのじゅんいちダビッドソンさん。

トーテム記者発表HP4

トーテムを何度も体感したという2人が印象深い演目や見どころなどを紹介しながら、人間の肉体の限界に挑み続ける驚がくのアクロバット、プロジェクションマッピングを使い歌舞伎の花道にヒントを得たという革新的なステージ演出、各国の民族衣装の要素を取り入れ機能性にも優れた衣装など「トーテム」の魅力を紹介してくれました。

続いて、福岡公演の特別PR隊として佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄各県のテレビ局の女子アナが登場。絵画や書、手芸、料理など、それぞれの特技を生かし、体を張って「トーテム」への思いを表現しました。

さらにステージの照明が変わり波の音と同時に現れたのは、2体の妖艶な海洋生物。柔軟な肉体を駆使した演目「コントーション」が披露され、天野さんやじゅんいちさんから「こんなに間近に生で見られるなんて」と興奮の声が聞こえてきました。

トーテム記者発表HP2

**オユン・エルデン・センゲさんとウルジィブヤン・メルゲンさんによる「コントーション」の超絶パフォーマンス

パフォーマンス後には、アーティスティック・ディレクターのニーランティ・ヴァディヴェルさんへ記者からの質問も寄せられました。

トーテム記者発表HP3

 

 

 

 

 

 

 

**トーテムの魅力を話すアーティスティック・ディレクターのニーランティ・ヴァディヴェルさん(中央)

そして、登壇の皆さんからメッセージを頂きました。

「今までのシルクのショーと違い、演出家のロベール・ルパージュがカナダの先住民族にインスピレーションを受けてストーリーを創作しているので、ショーの至るところでそういうエッセンスを感じられるのでは」(ニーランティ・ヴァディヴェルさん)

「九州各県の方に神業の連続が待つ『トーテム』をご覧いただければと思います」(天野さん)

「驚きの連続で、まるで違う惑星に引きずり込まれたような独特の感動を覚えると思うのでぜひ見てほしいですね」(じゅんいちさん)

トーテム記者発表HP1

待望のダイハツ トーテム福岡公演は2017年2月3日開幕。期待が高まります。